トップ路線バス高速バス飯坂電車貸切バス

沿線のご案内 時刻表 運賃表 飯坂電車のご利用方法 貸切運転のご案内 飯坂電車の歴史 飯坂電車のQ&A 安全への取り組み

飯坂電車の歴史

 


飯坂電車の歴史


1921年
(大正10年)
  • 飯坂電車の前身である「飯坂軌道株式会社」設立。
  • 社名を「福島飯坂電気軌道株式会社」に改める。
1924年
(大正13年)
  • 福島駅~飯坂駅(現在の花水坂駅)8.9kmで運転を開始。
    運転開始時の駅名は下記の通り。
    福島→西町→曽根田→兵庫田→森合→道下→泉→成出→前谷地→明神町→佛坂上→佛坂下→飯坂
  • 社名を「飯坂電車株式会社」に改める。
1925年
(大正14年)
  • 道下駅を清水役場前駅に改める。
1927年
(昭和2年)
  • 終点を現在の飯坂温泉駅に延長して運転開始。
  • 旧飯坂駅を花水坂駅に改める。
  • 「福島電気鉄道株式会社」と合併。現在の飯坂電車の路線は飯坂西線と呼ばれる。
    (国道4号を経由して福島~長岡~湯野を結んだ路線を、飯坂東線と呼ぶ)
1940年
(昭和15年)
  • 泉駅開業。
1942年
(昭和17年)
  • 福島~森合(現在の美術館図書館前)間を専用軌道化。旧線の曾根田駅、森合駅を廃止し、電鉄福島駅(現在の曽根田駅)、森合駅(現在の美術館図書館前)開業。
  • 国鉄福島駅に乗り入れ開始。
1944年
(昭和19年)
  • 清水役場前駅を岩代清水駅に改める。
1945年
(昭和20年)
  • 軌道から地方鉄道法による鉄道に変更し、運転開始。
    当時の保有車両は100系車両5両。
路面電車(写真は10号車)
<路面電車(写真は10号車)>
1962年
(昭和37年)
  • 社名を現在の「福島交通株式会社」に改める。
  • 電鉄福島駅を曽根田駅に改める。
1963年
(昭和38年)
  • 5000系車両(連接車)2両を新造し、輸送力増強を図る。
    この車両は、全国でも珍しい連接車(一つの台車を2台の車両で使用)として、平成3年まで使用した。
5000系車両(連接車)
<5000系車両(連接車)>
1964年
(昭和39年)
  • 上松川駅開業。
1971年
(昭和46年)
  • 5300型車両を新造し、輸送力増強を図る。
5300系車両
<5300系車両>
1975年
(昭和50年)
  • 桜水駅開業。
1976年
(昭和51年)
  • 朝の通勤時間帯10分間隔運転を開始。
  • 3300系車両3両を、東京急行電鉄株式会社より譲渡、輸送力増強を図る。
    この車両は昭和57年まで使用した。
3300系車両
<3300系車両>
1980年
(昭和55年)
  • 5000系車両(ユニット車)2両を、東京急行電鉄株式会社より譲渡、輸送力増強を図る。
    同形式の車両は全国で活躍し、飯坂電車では平成3年まで使用した。
5000系車両(ユニット車)
<5000系車両(ユニット車)>
1982年
(昭和57年)
  • 飯坂温泉駅が移転し、路線が0.1km短縮。
1991年
(平成3年)
  • 森合駅を美術館図書館前駅に改める。
  • 架線電圧を750Vから1500Vに昇圧。
  • 旧車両17両を廃車し、東京急行電鉄株式会社より譲渡された7000系車両16両にて運転開始。
7000系車両
<7000系車両>
2002年
(平成14年)
  • 安全対策として、ATS(自動列車停止装置)の取り付けを実施。
2003年
(平成15年)
  • 片岡鶴太郎美術庭園 開館記念乗車券を発売。
2004年
(平成16年)
  • 開業80周年記念乗車券セットを発売。
  • 飯坂温泉 吉本はり紙昭和館 特別記念乗車券を発売。
2005年
(平成17年)
  • 源義経の家臣だった佐藤継信・忠信兄弟ゆかりの地・福島市をPRする「義経号」を運行。

車両の紹介


 飯坂電車の現用車両(7000系車両)のうち、7101番車両の諸元表をご案内します。


車種 オールステンレス鋼製2軸ボギー制御電動車
製造所名 東急車輛製造株式会社
製造年月 昭和39年3月




(mm)
連結面間距離 18000
車体長 17500
車体幅 2800
屋根高さ 3500
パンタグラフ折りたたみ高さ 4000
台車中心間距離 12000
床面高さ 1125
定員 120人・座席定員44人
自重 30.2t
電気方式 DC1500V
釣合速度 80km/h以上
加速度 4.0km/h/s
減速度 4.0km/h/s

形式 パイオニア3型 TS-701空気バネ付
基礎ブレーキ ディスクブレーキ 保安ブレーキ付き
車輪直径 860(mm)
車輪内面距離 990(mm)
パンタグラフ折りたたみ高さ 4000
固定軸距 2000mm
歯車比 85:13=6.54



パンタグラフ PT44C 電磁かぎ外し バネ上昇空気下降式
主要動機 TDK-826A 直流複巻補極補償巻線付 60kW×4個
駆動装置 中空軸電動機式平衡カルダン たわみ板継手式
制御装置 応荷重可変加減速回生ブレーキ付き電動カム軸式
電動空気圧縮機
戸閉装置 DP-45Dラック連動開閉式 戸閉安全装置付
点灯装置 前照灯 DC100V-150W/150W 主副光切換式シールドビーム 2灯
尾灯 ADC100V-40W 2灯
室内灯 AC200V-400Hz-40W
予備灯 DC100V-15W 2灯
運転室灯 AC200V-400Hz-20W
放送通話装置 車内装置(音声合成放送装置 ネプチューンFC-6000)及び運転室間連絡通話
連結装置 NCB自動密着連結器(両先頭)固定棒連結器(中間)
電気連結装置 高圧 KE-1 低圧 IC84C
通風装置 客室40cm旋回扇 運転室 25cm首振扇
冷房装置 簡易冷房床上置形 41000kcal/h
電源用補助回転機 電源入力 1500V/19kW
(パワーユニット)制御出力 DC100V/150W DC28V/80A×2基)
暖房装置 客室 DC125V 375W×18
運転室 DC225V 750W×2
蓄電池
制御方式 ACRF-H860-757A応荷重可変加減速回生ブレーキ付電動カム軸式
ブレーキ方式 HSC-R回生ブレーキ併用電磁直結ブレーキ自動空気ブレーキ及び保安ブレーキ
備考 平成3年5月 制御電動車に変更 冷房装置取り付け
平成14年10月 ATS取付
平成19年4月 放送装置変更(テープ式から音声合成式へ)

7000系車両 (桜水駅車庫にて)
<7000系車両 (桜水駅車庫にて)>
運転席
<運転席>
会社概要 | 採用情報 | サイトマップ | お問い合わせ | 福交グループ | 個人情報保護